WEBライター

月収5万円のライティングに高度なスキルはいらない

ちいくん
ちいくん
こんにちは。月収5~10万円のWebライターちいくんです。

たまに稼いでいるWebライターさんのブログなどを見ると、「半年くらいで月収20万くらいかな」とか書かれており、

え!?そんなに稼げてない!!

とか思っている今日この頃です(笑)。

それはさておき、Webライターを始めたばかりの人の中には、5~10万円どころか、全く稼げる気がしないという人もいるのではないでしょうか。

実はちいくんは、一度Webライターを挫折した過去があります。

その時は、

ちいくん
ちいくん
Webライターなんて、稼げる気がしない……。 

と思ったものです。

実際Webライターは、スタートのハードルがかなり低いため挑戦する人は多いのですが、実際に稼げるようになっているのは少数という印象があります。

クラウドワーカーの平均収入についての記事もご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓

WEBライターは稼げない?クラウドソーシングの現実とは

※月収1万円も稼げていない人、多し。

 

ではなぜちいくんは一度挫折したのか、なぜ多くの人は稼げずに困っているか考えていきたいと思います。

Webライティングで稼げない一番の原因

クエスチョンマーク

これはもう、あれです。一言でいうと、

ちいくん
ちいくん
続けられないから!!

なんですよ。本当に。

続ければ、Webライティングで5万円くらいなら稼げます。絶対に。

上手に文章を書けないとか、営業うまくできないとか、そんなことではなく、単純に続けられないから稼げないんです。

もちろん、スキルがある人は早く稼げるようになりますし、そうでない人は多少の時間がかかることもあるでしょう。

多少の勉強は必要ですが、続けさえすれば稼げるようになります。

しかーし!続けられないんですよね……。これがまた。

そもそも続けられる人は、こんなことで悩んだりしません。

Webライティングを続けられない理由は?

頭を抱える女性

続ければいいと言っても、それができれば苦労はしませんよね。

ちいくん
ちいくん
なぜ続けられないのか、どうすれば続けられるのか、ちいくんなりの解釈と乗り越え方をお伝えしていきます。

調べるのが面倒くさい

まずは、何より「面倒くさい」という気持ちが大きいのではないでしょうか。

Webライティングをするには、思ったよりも調査に時間がかかります。

自分がすごく詳しいことをライティングする場合は最小限の調査ですみますが、多くの初心者の場合は、ライティング前に結構時間をかけて調査する必要があるでしょう。

初心者によくありがちなのが、似たような記事をさっと見ただけで、深く理解もせずにライティングすることです。

一昔前だと、このように低いクオリティーでも記事として公開しているメディアもあったようですが、今は違います。

まともなメディアはコピーコンテンツはチェックしていますし、記事のクオリティにも気を配っています。

ある程度のクオリティを保つためには、記事を書くための調査にはある程度の時間をかけなければなりません。

記事によってはこの調査がとても大変だったりして、記事を書くのが面倒になってしまったりするんですよね……。

それを防ぐには、やっぱりなるべく自分が興味のある分野を選ぶことですね。

ちいくん
ちいくん
調べるのも楽しいと思える分野なら、調査も執筆もあまり苦にならないはずです。 

時給換算しちゃう

初心者の頃によくやってしまいがちなのが、この「時給換算して凹む」というのです。

Webライターの場合、時給100円未満からスタートするなんてことはよくあります。

そうすると、「やってられっか!」という気持ちになってしまうのです。

他に割りのいい仕事ないかな…とかね。

これを乗り越えるには、小さい目標を少しずつクリアしていくのがおすすめです!

ちいくん
ちいくん
「前回の記事は時給100円だったのに、今回は200円!倍になった!」みたいな感じです。

冷静に考えると時給200円だとしてもかなり低いのですが、問題は伸び率なわけですよ。

時給の低さを感じないようにするためには、どれくらい成長したかに着目すると良いでしょう。

すると、知らないうちに時給1,000円になる日もやってきます!

その日が来ると信じて、まずはコツコツと小さな目標をクリアしていきましょう。

難しく考えすぎる

Webライティングを難しく考えすぎると、書けなくなってしまいます。

SEOライティングに文章テクニックなど色々とあるのですが、正直月収5万円レベルのWebライターに、それほど高度な文章力は必要ありません。

成長に従いレベルを伸ばしていけがいいのであって、最初から気負いすぎないようにしましょうね。

そもそも大事なのは、「目的に沿ったわかりやすい文章」なので、基本に忠実に書けばいいのです。

添削されるのが嫌

他人から添削されたり評価されるのが苦痛、という人もいるかもしれません。

確かに自分(の文章)を否定されるのは嬉しいことではありません。

しかしこの添削というのは、少なくてもあなたより経験がある人物による、客観的な評価ということです。

それに文章の良し悪しというよりも、Webライティング的にOK、NGという場合も多くあり、決してあなたの文章がダメというわけではありません。

特に最初のうちは、指摘を素直に受け入れることも大切です。

ちいくん
ちいくん
自分一人の力で成長するのは難しいので、ただで教えてもらえると思えば受け入れやすくなりますよ。

ちいくんがWebライターを挫折した過去

猫の回想

私は今でこそ多少Webライターで稼げるようになりましたが、実は過去に一度挫折したことがあります。

2人目の子の育休時、Webライターに挑戦してみたのですが、恥ずかしながら1記事も書けずに挫折しました(笑)。

その時挫折した理由は、上のほぼ全てです……。

ちいくん
ちいくん
これ自分で内容全部調べるの!?大変じゃん!?こんなに頑張っても1000円!?やってられん!!!

↑こんな感じですね・・・(笑)。

特に私は雑誌の営業をやっていたこともあり、紙媒体のライター価格を知っており、その報酬に違いに驚愕したものです。

※紙媒体のライター報酬は高い傾向があります。

私が仕事で依頼していたライターさんよりも高度な内容の記事を、こんな安価で書くなんてあり得ない!と思い、辞めてしまいました。

その後、会社を辞めてライター業を再開するのですが、最初のうちはやはり時給換算して落ち込んでいたし、添削にもちょっと不満でした。

こんなに報酬安いのに、なんでこんなに注文多いの……。みたいな。

ちいくん
ちいくん
でも今思えば、しっかり添削してくれるメディアで良かったと思います。

当たり前ですが、最初の頃の文章は拙いものなので、修正されて当然です。

多くの人はそうだと思います。

あなただけが悩んでいるわけでないので、ぜひこの時期を乗り越えて、少しでも稼げるライターを目指しましょうね!

とにかく書く!ことを続けてみよう

Webライターに限らず、フリーランスは最初のうちは稼げないことも多いです。

でも、やはり一番大事なのが「続けること」。

やり方などは修正できますが、止めてしまったら絶対に稼げないのです。

あまり先のことを考えると心が折れしまうので、まずは小さな目標を立てましょう。

そして少しずつでもいいから「とにかく書く!」を続けてみてください!