WEBライター

WEBライターで月収5万円を稼ぐには?具体的な収入の上げ方を解説!

ちいくん
ちいくん
こんにちは、WEBライターのちいくんです。現在はゆる~く働き、5~10万円の収入を得ています。

現在私は、WEBライティングのお仕事で安定して5~10万円の収入を得ることができています。

しかし、最初の頃はそれはもう雀の涙ほどの金額しか稼げませんでした。

必死で書いても月収1万にも届かず、時給換算すると150円とか……

しかし、ある時半ばやけくそで行った″ある行為”のおかげで、一気に単価が上がり、稼げるようになりました。

今回はそれを踏まえて、WEBライターで月収5万円になるためのステップアップ法をお伝えしていきます。

初心者がWebライターで5万円稼ぐまでの道のり

私がWEBライターになろうと思って初めにしたことは、クラウドサービスへの登録です。

いろいろなWEBサイトを参考にしましたが、やはりそれが一番だろうと思いました。

次にクラウドサービスはどこにしようか迷いました。

WEBライティングができる大手のクラウドサービスと言えば、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

の3つです。

当時私は、ライティング案件に特化している「サグーワークス」を知らなかったので、なんとなくクラウドワークスを選びました。

深い意味はありませんでしたが、使いやすそうだと感じたためです。

そうしてWEBライティングの道に足を踏み入れたのですが……

最初は死ぬほどつらかった……

ちいくんが月収5万円を稼いだ道のり

今思えば、私はろくに下調べもせずにライティングの仕事を始めてしまいました。

最初の1ヶ月は5,000円くらいの稼ぎだったでしょうか…。

書けども書けどもお金にならない…。やっぱり無理だったかな…。と思う日々が続きます。

が、それでもライター歴6ヶ月の頃には、何とか月収5万円を稼げるようになりました。

そのきっかけは、半ばやけくその「金額交渉」です。

正確に言うと、あまりに辛くて、クライアントに「続けるの難しいです…」みたいな話をしました。

すると、

単価を倍にアップするから続けてくれませんか?

の一言が…。

金額が上がるなんて思ってもみなかったので、かなりびっくりしました。

っていうか、言い出さなきゃ安いままだったんかい!!

そうです。ある程度書けるようになったら、金額交渉をすると簡単に上がったりすることも結構あります。

もちろん全ての案件で通用するわけではありませんし、そもそも金額アップのレベルに達していなかれば上がりません。

しかしですよ、「言い出さなきゃ上がらない」ことも確実にあるっていうことを覚えておきましょう!

そしてもう1つのポイントが、クラウドサービス以外からの仕事を受注したことです。

クラウドサービスは仕事を紹介してくれる代わりに、受注した金額の20%程度が「手数料」として引かれてしまいます。

必要経費だとは思うのですが、ただでさえ単価が安いのに、そこからさらに20%も引かれる、手取りはかなり寂しいことに……。

その点、直接契約であれば手数料などかからず、報酬は全て自分の手元に残ります。

つまり収入アップのポイントをまとめると、

  • 金額交渉
  • クラウドサービスに頼らない契約

ということです。

<ちいくんの5万円ヒストリー>

  • クラウドワークスに登録
  • 時給150円~300円時代(~3ヶ月くらい)
  • 「もう辞めたいです」からの金額交渉(結果的に)
  • 単価が倍に。時給800円くらいになる(~5ヶ月くらい)
  • クラウドワークス以外の仕事を開始
  • 月収5万円を達成!

 

私の場合、金額交渉は結果的にとてもうまくいきましたが、初心者ライターが金額交渉をするのは結構ハードルが高いですよね。

そこで、自身の経験を踏まえて、おすすめのステップアップ方法を考えてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

初心者ライター必読!始め方から収入のステップアップ法を解説

私のように、まったく経験がない初心者向けに、WEBライティングで5万円になるまでのステップアップ方法を考えてみました。

5万円までのステップアップ方法
  1. クラウドサービスに登録
  2. まずは書いてみる
  3. 数をこなす(50記事くらいを目途に)
  4. クラウドサービス以外で仕事を探す
  5. 金額交渉をしてみる

私とは少し順番が違う部分もありますが、こちらの方がおすすめです。

1.クラウドサービスに登録

まずはクラウドワークスやランサーズなどのクラウドサービスに登録しましょう。

案件が多い大手のクラウドサービスが安心です。

プロフィールなど記入するのが大変かもしれませんが、まずはここを乗り越えなくてなりません。

2.まずは書いてみる

クラウドサービスに登録したら、とりあえず何か仕事を受注して書いてみましょう!

とはいっても、最初は仕事を獲得するのが難しいです。

初心者におすすめの方法は、

  • タスク案件で実績を積む
  • 初心者歓迎でもOK案件(0.3~0.5円くらい)

の2つです。

タスク案件というのは、アニメの感想や漫画のネタバレ話など、短い感想のような文章をかけばOKという案件が多いです。

高度なテクニックは全く必要ありませんし、簡単に仕事を開始できます。

高収入は期待できませんが、まずは書くのに慣れたり、実績を積み上げるという意味でおすすめです。

その次に、【初心者OK】という案件です。

これは酷いものだと0.1円くらいの単価があるので、0.3円くらいのものを選んでくださいね。

初心者OKの案件は選んじゃダメ!という意見もありますが(安くて大変だから)、本当に初心者の場合、このような案件しか選択肢がない場合が多いです。

確かにこういう案件を長く続けると消耗しますが、まずは【WEBライティングとは何ぞや?】を知るにも、挑戦してみてください。

3.数をこなす(0.5円~1円未満)×50記事くらい

少しライティングに慣れたら、0.5円~1円未満くらいの案件を狙いに行きましょう。

50記事程書けば、だいぶ慣れてきます。

この間にやっておくと良いのは、

  • SEOライティングについて学ぶ
  • 記事の書き方を勉強する(webライティングの方法)
  • ブログを作ってポートフォリオに!

です。

やはり単価アップには勉強は欠かせません。

SEOライティングとは何かや、基本的な記事の書き方は押さえておきましょう。

また、できれば自分のブログを作っておくと、ポートフォリオになるので特におすすめです!

ポートフォリオとは、自分の実力を示す作品集のようなものです。

ブログを見るとあなたの文章力がわかるため、仕事の受注率が上がります。

自分が興味のある分野で構わないので、少しずつブログを育てておきましょう!

 4.クラウドサービス以外で仕事を探す

記事の執筆に慣れてきたら、クラウドサービスに頼らない「直接契約」を目指しましょう。

クラウドサービス以外のライティング案件は、

  • WEBメディアの求人情報
  • 求人サイト
  • フリーランスマッチングサイト

などで見つかります。

WEBメディアなどをチェックすると、意外とライターを募集していたりしますよ。

あなたの好きなWEBメディアでも募集があるかもしれません!

また、通常の求人サイトや主婦向けの求人サイトにも、在宅WEBライターの募集は結構あります。

私も最初は、このような求人媒体から探しました。

そのほか、フリーランスマッチングサイトのように、自分のスキルを積極的にアピールして仕事を取っていくスタイルもあります。

マッチングサイトは私もまだ挑戦していないのですが、近いうちにチャレンジしてみたいと思います。

5.金額交渉

そして最後は金額交渉です。

いろいろな案件を経験すると、自分の相場がなんとなく見えてきます。

その相場よりもあまりにも低いと感じる案件は、思い切って金額を交渉してみましょう。

ただしこれは、双方にある程度の信頼関係が必要です。

実力もないのに強気の交渉をしても、通るはずがありません。

  • 他の案件ではもっと高単価
  • 修正などがほとんど入らない
  • 文章執筆以外の作業が増えた(画像選定など)

など、交渉材料が出てきたら、チャレンジしてみてくださいね。

正直、初心者からライターの仕事で5万円を稼ぐには、少し時間がかかると思います。

ただ、続けていれば絶対に稼げるようになります。

大切なのは、

始めること、続けること

ですよ!

私もまだまだです!一緒に頑張りましょう!