WEBライター

ライター挫折経験のある私が思う「webライターが儲からない」理由

ちいくん
ちいくん
こんにちは。WEBライターのちいくんです。 

「WEBライターはぶっちゃけ儲からない」

WEBライターに興味がある人は、↑のようなことを聞いたことがありませんか?

これはある意味正解ですが、正しく言うと

「ちょっとやってみて諦める人が多い」という印象です。

実は私も3年以上前に、一度ライターをやろうとして、1ヶ月も続けられずに挫折したことがあります。

その時は、

「WEBライターは厳しい…。1万円稼げる気すらしない……。」

と思いました。

でも現実として、今の私はWEBライティングで月5~10万円を稼げるようになっています。

その経験を踏まえて、なぜWEBライターは稼げないのか、どうしたら稼げるようになるのかをお伝えしていきます。

WEBライター初心者の収入が低い5つの理由

1万円

WEBライターとして月収5万円どころか、1万円も稼げない理由は大きく分けて5つです。

  • 継続できない
  • ライティングにかける時間が少なすぎる
  • 文字単価が低すぎる
  • 書くのに時間がかかり過ぎる
  • 良い案件を取れない

あれ?文章力は??と思うかもしれませんが、そこはさほど大きな問題ではありません。

もちろん関節的に影響してくる問題ではありますが、大きな問題は上の5つです。

詳しく説明していきますね。

継続できない

WEBライティングで月5万円程度を稼げない一番の理由は、「継続できない」ことです。

これは間違いないと思います。

なぜなら、特に初心者は

  • 思っていたよりも大変
  • 記事を書くための調査に時間がかかる
  • 頑張って記事を書いても収入が低い

などの理由により、書き続けるのがしんどくなるのです。

私も最初の5記事は本当に辛くて、

納品したらもう辞めよう……

と思ったほどです。

確かに最初は続ける価値があるのかどうか悩むかもしれません。

でもここを踏ん張れるかで、稼げるようになるかどうかが決まります。

とりあえず最初は「続けること」に重点を置いてください。

ライティングにかける時間が少なすぎる

たとえば、1ヶ月に10時間くらいしか書く時間がないなど、単純にライティングのための時間が少なすぎるとあまり稼げません。

特に初心者の頃は、1本の記事を書くのに5時間以上かかるなんてこともザラです。

それなのに、10時間しか時間がないとなると、1ヶ月に2本しか記事が書けないことになります。

そんな状態で稼げるわけがありません。

これはちょっと極端な例ですが、実際在宅ワークというのは、怠け心との戦いでもあります。

実は思っていたよりもライティングしてなかった……ということもあるかもしれませんよ。

↑これは実は私のハナシです…。つい漫画を読んでしまって、時間が無くなるなんてことは日常茶飯事。頑張らねば…。 

文字単価が低すぎる

文字単価が0.1円など極端に低い場合は、書いても書いても収入にはなりません。

3,000文字書いても300円にしからならないようでは、とてもじゃないけど消耗してしまいます。

文字単価が低くなる原因としては、

  • タスク案件ばかり扱っている
  • 基本的なスキル(や経験)が足りない
  • SEOの知識や専門的な知識が足りない

などが考えられます。

タスク案件はすぐに仕事に取り掛かれるので、ライティングの練習としてはアリですが、稼げるようにはなりません。

また、自信がなくて低価格の案件(0.1円~0.5円程度)の案件ばかりに応募していると、稼ぐのは難しくなります。

最初は文章スキルや経験が足りないので、低価格の案件でも仕方ありませんが、30記事も書けばある程度は慣れてきます。

文章力は最初のうちはそれほど気にせずに、とにかく書き続けるのが大切です。

ライターを続けながら、文章についての書籍やプロのWEBライターさんのブログなどを参考に、スキルを上げていきましょう!

慣れてきたら高単価案件にも挑戦してみるのがおすすめです。

やはり1文字単価が1円以上にならないと、稼ぐのはちょっと厳しいかと思います。

書くのに時間がかかる

これは、最初はある程度しょうがないかもしれません。

私も最初は4,000文字書くのに10時間とかかかってました……。

最初はWEB記事の書き方も良くわからないし、そもそも記事を書くための調査にも時間がかかります。

きちんとした記事を書くためには、最初はある程度の時間がかかるのは当たり前です。

執筆ルールを覚えるのも一苦労だったりしますしね。

でも、何度も書いている内にルールも覚えますし、書き方のコツもつかめてきます。

今は、4,000文字くらいの記事なら3時間程度で書けるようになりました。

私もあまり早い方ではありませんし、調査に時間がかかる案件はもっと時間がかかります。

得意分野か否かでも執筆スピードは変わるので、色々試してみて、自分が書きやすい案件を探していきましょう。

良い案件を取れない

希望の仕事(案件)を受注できない、一番の原因はおそらく

提案件数が少ない

ことです。

クラウドサービスを利用する場合、募集している仕事に対して提案(応募)しなければなりません。

この提案が通らなければ当然仕事を貰えないわけですが、これが上手くいかないというケースもあります。

私もすごく悩みました。
高単価の案件に応募しても、なかなか受からなくて凹む……。みたいな。

提案内容を工夫したりなど色々と工夫すべき点はあるのですが、そもそもの提案件数が少ないと、あまり仕事を受注できません。

私も3件くらい提案してなかなか受からないなー・・・なんて思ってました^^;

しかも、募集期限ギリギリで応募したりして…。

発注者にしてみれば、気になるライターだったとしても、もう募集定員に達していたら切らざるを得ませんから、単にタイミングの問題で落ちることもあります。

なので、気になる仕事にはガンガン応募していきましょう。

(↑なんて言って、私もコレあまりできていないので、頑張らなければ…^^;)

あとはあれですね・・・悪質クライアントには要注意!です。

これは本当に消耗するので、引っかからないように注意しましょう。

Webライターで5万円以上稼ぐ程度なら、完璧でなくていい

私も全く稼げない時期があったので、「webライター厳しい!」というのはよくわかります。

5万稼ぐなんて絶対無理…

と何度も思いました。

でも実際やってみて思うのは、

全然完璧じゃなくても、5万円くらいなら稼げる

ということです。

一番大切なのは続けること

WEBライターで稼ぐために一番必要なのは、しつこいですがやっぱり「続けること」ですね。

最初はすごく大変ですし、時給換算なんてした日には、心折れることもあるでしょう。

でも、続けるというのが一番ハードルが高い作業です(多分)。

ここができたら、あとはやり方を間違えなければ絶対に5万円はいきます。

やりながらスキルを磨く

初心者の頃は、文章力とかはあまり関係ないです。

スキルがないのも当たり前です。それよりも行動力がものを言います。

ただし、学んでいく姿勢は忘れないでくださいね。

WEBライティングの基本的な書き方や、初歩的なSEOライティングなど、少しずつでもいいので、書きながらスキルを高めていきましょう。

そうすることで、高単価の案件も受注できるようになりますし、ライティングスピードも上がります。

タスク案件など楽な仕事ばかりに手を出すと、いつまで経っても稼ぐことはできません。

大切なのは、

正しいやり方で継続していくこと

です。

最初は辛い時期もあるでしょうが、少しずつ前進していきましょう!

私も次は、月10万円を安定的に稼げるように頑張ります。

ちいくん
ちいくん
成果などは随時このブログでご報告していきます。一緒に頑張りましょう!