プロフィール

このブログについて【子育てママの仕事とお金】

こんにちは。在宅WEBライターのちいくんです。

ブログをご覧いただきありがとうございます^^

このブログは、

在宅ワークで働きながら子供を育てて、幸せに暮らすためのブログ

です。

どちらかというと、働いているor働きたいと願っているママさん向けの内容になっています。

※もちろん、お子さんのいらっしゃらない方も大歓迎ですよ!

そして中でも、「現状を変えたい」願っている人に特に読んでいただければと思います。

結婚して子供を産み、それまでの人生とは大きく変化が訪れた人も多いことでしょう。

私もその一人です。

それは良い変化のこともあれば、こんなハズではなかったという変化もあることでしょう。

思い描いていた人生とは何かちょっと違う、どうしたらもっと良い方向に進めるのかを悩んでいる方に、少しでも前向きになれるためのヒントをお伝えしています。

このブログがおすすめの人

ワーママ or 働きたいママ

今のライフスタイルに不満がある人

仕事に不安や不満を抱えている人

お金に不安を抱えている人

在宅ワークに興味がある人

上記以外の方、たとえば、専業主婦にとても満足していて現状を変えたくない場合には、有益な情報をお伝え出来ないかもしれません^^;

また、会社員ワーママで、ご自身のお仕事に誇りを持っている・辞めるなんて考えられない!という方は、ぜひその道で頑張っていただきたいと思います。

でも、少しでも「このままでいいのかな?」と思うのであれば、ぜひ以下の内容もご確認ください。

会社員を辞めて在宅ワークになった理由

私は以前、広告営業の正社員をやっていましたが、在宅WEBライターに転職しました。

会社を辞める時に伝えた理由は、簡単に言うと「育児との両立が限界」という内容です。

じゃあ、アルバイトでも…という話もありましたが、それはお断りしました。

なぜなら、辞めた理由は単に育児が大変だからという理由だけではなかったのです。

会社を辞めた理由
  • ワンオペ育児が本当に大変
  • 子供との時間をもっと取りたかった
  • 仕事や生活のイライラを子供にぶつけてしまう
  • 頑張っていても職場では認められない(評価されることはない)
  • どうしても職場の仲間に負担をかける
  • 仕事をもっと頑張りたくても(時間的にも精神的にも)余裕がなくてできない
  • 自分のやっている仕事に自信を持てなくなってきた
  • 尊敬できる上司が皆無で、10年後そこで働いている姿を想像できない などなど

つまり、育児が大変なのは本当なのだけど、仕事や会社への不満も高まっていました。

誇りを持てる仕事だったなら、子供達にも「ママの背中を見て大きくなって!」と思えたのかもしれませんが、とてもそうは思えませんでした。

今しかない子供との時間を犠牲にしてまで、仕事に時間や精力を吸い取られのに疑問を感じたのです。

年齢はちょうど40歳。健康年齢80歳と考えると、まさに折り返し。

今動かなきゃ、もう本当にこの人生が確定する!!

そんな焦燥感にかられ、思い切って行動しました。

世帯収入は減りましたが、未来への希望は今の方が大きいです。

無難な毎日を我慢しながら生きて、そこそこに人生を終える

or

最低限の備えをして、楽しく充実した人生を過ごす

あなたはどちらを選びたいですか?

もし後者だというなら、ぜひこのブログを読み進めてみてくださいね。

在宅ワークとお金のコントロールで毎日をハッピーに

私が充実した人生を送るために必要なのは、大きく分けてこの3つです。

  • 子供(家族)との時間
  • 仕事のやりがい
  • お金

それを満たすために、WEBライターという在宅ワークを選びました。

経験はありませんでしたが、本を読むことは好きだったし、文章を書くことに少しだけ興味があったからです。

同じようにWEBライターに興味がある人のために、まずは「月収5万円」を稼げる方法をお伝えします。

そして、人生を豊かに過ごすためには、「お金」の存在が欠かせません。

こちらもFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を活かして、上手な付き合い方を解説していきます。

このブログで提供する内容

WEBライターで月収5万円稼ぐ方法

お金のコントロール方法

スキルを活かした在宅ワークの方法

ワーママのアレコレ

育児のアレコレ

WEBライター以外にも在宅ワークには様々な種類があり、どんな仕事が合うかは、人によって違います。

そこで、「自分のスキルを活かした在宅ワーク」を見つけるお手伝いもできたらと思っています。

そのほか、息抜き的にワーママの悩みや育児の悩みなどをお伝えしていきます^^

少しでも、

「このままでいいの?」

と思っている方は、ぜひ私と一緒により良い人生を目指しましょう。

きっと、自分の手で掴むことができます!