プロフィール

ちいくんプロフィール5章~正社員から在宅ワーママへ

ついにちいくんプロフィールの最終章です!

ここまでお読みいただきありがとうございます^^

過酷なワーママライフ、離婚寸前の状況を乗り越え、第二子を妊娠したちいくんが、その後どのような思いで在宅ワーママに転向したのかをお伝えしていきたいと思います。

あと少しだけ、お付き合いいただけると嬉しいです。

第二子妊娠!このまま働き続けてもいいの?

離婚寸前までいった私たち夫婦でしたが、その後和解し(笑)、無理だと思っていた第二子に恵まれました。

そしてこの時もやはり不育症の影響があり、1人目の出産の後、2回程流産しています。

この体質で1人子供がいるだけでも恵まれているかもしれないと、半ば諦めかけていた時にお腹にやってきてくれた子でした。

そして2回目の産休に入った頃、私は既に38歳。立派なアラフォーになっていました。

子供を産んだ後の体力もまるで戻らず、確実な「老い」を実感する羽目に…。

そして、ふっとこれからの自分の人生を考えたときに、猛烈な焦りに襲われました。

健康寿命が80歳くらいだとして、40歳は折り返し地点です。

「今動かなければ、未来は何も変わらない。このままの生活が続くだけ…。」

育休が明ければ、また目まぐるしい毎日が待っています。

再び鬼のような形相で毎日を過ごすのかと思うと、それだけで心が重くなります。

仕事に誇りややりがいがあれば乗り切れたのでしょうが、残念ながらそれももう失われていました。

何か良い方法はないのか…転職か?などと、日々インターネットを検索するうちに、私が出会ったのが、

「インターネットを使って稼いで、自由に生きている人」

のブログです。

最初は「うわっ怪しい~。」と思いましたが、気が付けばその人の電子書籍をむさぼり読む私。

そしてその人がオススメしている、無料のマーケティング動画も食い入るようにして視聴し、「自分で稼ぐ」ことの可能性に気が付きました。

とは言え、もちろん最初は

「いやいやいや、そんなの無理でしょ絶対。」

です。それでも、老いに追われているアラフォーだからこそ「今」何かしなくてはという思いに駆られました。

どうしても、このまま何もしないで人生が終わるのが怖かったのです。

しかし本当に自分で稼げるようになるのか、そもそも一時は絶対に収入が減るだろうから、生活はやっていけるのか、不安を考えたらキリがありません。

その時、昔ファイナンシャル・プランナーの資格を取った時に作った「マネーライフプラン」を思い出しました。

マネーライフプランとは、自分(家族)の人生にはいつ、いくらくらいのお金が必要なのかを計算したものです。

現在の貯金や、今後かかるであろうお金、月々かかるお金を考えたところ、例え私の収入が落ちても、生活がすぐに破綻することがないとわかりました。

例えば、月5万でも稼ぐことができたなら、間違いなく数年は何の問題もありません。

そしてその数年のうちに事業を安定させ、収益を上げれば良いのです。

例え失敗しても、その時はパートで働けばいいじゃない!という気にもなりました。

そう、夫婦で協力して生きていく覚悟があるなら、正社員にこだわる必要はなかったんです。

幸せな人生に本当に必要なこととは?

在宅ワークで働くという可能性に気が付いたものの、すぐに仕事を辞めることもできずに悩み続けました。

正社員という立場を失っても本当にいいのか、後悔しないのか、すごく考えました。

そこで何も余計なことを考えず、幸せだなーと思う人生を思い浮かべると、

 

  1. 家族
  2. お金
  3. やりがいのある仕事

 

の3つが揃っていることが重要だと気が付きました。

私はずっと自分が仕事人間だと思っていたのですが、自分が思っていたよりもずっと、子供の優先順位が高かったんです。

それにやりがいを感じられる仕事なら、また話は違ったかもしれませんが、その頃すでに仕事の目的は「お金を稼ぐこと」のみ。

つまり、3つある幸せの条件のうち1つしか満たされてない…。

もちろんお金は重要ですが、辞めた後の家計管理もシミュレーション済みです。

必要なお金を確保できているなら、やってみたい仕事にチャレンジしてもいいのでは?と思いました。

そしてもう1つ、私の背中を押す出来事がありました。それは…

「夫が単身赴任になったこと」

(↑これ、かなり衝撃だった。)

毎週日曜には帰ってこれる距離だし、正直普段からワンオペなので、実際のところあまり影響はなかったのですが(笑)。

それでも、「もういいかな~」と吹っ切るきっかけにはなりました。

以前なら、いつ離婚になるかわからないから(笑)、正社員の仕事を手放すなんて考えられませんでした。

はっきり言って、正社員という立場に執着していたのです。

でもこの時は素直に、とりあえず一時でも夫の経済力に頼ってもいいかと思いました。

WEBライターに転向!在宅ワーママで新しい人生のスタート

そうして私は退職をし、WEBライターとしての活動を始めました。

初めは、びっくりするぐらい稼げませんでした(月収1万もいかないなんて、ザラ)。

会社員ってなんて恵まれていたんだろう…とも思いました。

でも、今の私は

 

  • 平日に子供の習い事に行ける
  • 宿題を見てあげる時間を取れる
  • 子供の送り迎え時に「早くして」と(あまり)言わなくなった
  • 昼間にジムに行ける

 

など、こうだったらいいなと思うことを少しずつ実現しています。

特に子供への態度が全く違うようで、ママ友に「前と全然違う」と言われました^^;

(↑どんだけ鬼だったんだって話。笑)

また、収入は落ちましたが、支出も同じく落ちました。

今まで無駄なことにお金を使っていたり、ストレスで衝動買いなどもしていたので、それがなくなったおかげです。

そして少しずつ収入も増え、半年後くらいからは5万円前後を安定的に稼げるようになりました。

私の額にあった眉間のシワも薄くなり、確実に前よりも気持ちに余裕のある生活を送れています。

やっぱり、この決断は間違いではなかったと実感する日々です。

正直、自分の力で稼ぐというのは、簡単ではありませんでした。

月々5万円というのは、本当の初心者から稼ぐには、努力が必要な金額です。

それでも、覚悟を決めて正しいやり方を学べば、誰でも稼ぐことができる金額だと思います。

それは何も、WEBライターに限った話ではありません。

あなたが持っている知識や、性分にあった方法で稼ぐことは可能なのです。

私としても、もちろんまだまだ満足のいく収入ではありません。

最終的な目標は、正社員時代の年収を超えることです!

そして、今よりももっともっと幸せになるべく、努力を続けていきます。

その過程や、在宅ワークのちょっとしたコツなどを皆さんと共有していければと思っています。