WEBライター

【WEBライター】こんなトライアルには要注意!!

アテンションプリーズ

こんにちは。WEBライターのちいくんです。

今日は、ライティングの仕事を受注するときに行われる「トライアル」について、お話していきます。

クラウドワークスなどを使ってお仕事をする場合、クライアントさんによってはまずは「トライアル案件」から始めることがあります。

このトライアルのシステム自体は問題ないのですが、中にはちょっと悪質では?と思うようなトライアルがあるのも事実です。

そこで今回は、注意すべきトライアル案件についてお話していきます。

トライアルの注意点とは?こんな案件は要注意!!

トライアルとは、まずは1記事納品して、お互いが合意できたら、本契約に進むというものです(使用期間的な感じ)。

簡単に言うとライターの力量チェックですね。

いきなり本記事の執筆をお願いして、納品された記事が求めているレベルとあまりにもかけ離れているのは困りますよね。

そこで、事前に簡単なライティングで確認したり、正規よりも低めの報酬にして、レベルをチェックするのです。

クライアントによっては、過去に執筆した記事(ポートフォリオ)を見て判断してくれる場合もあります。

しかし、実はこのトライアルを悪用しているとしか思えないクライアントもいるのです。

ちいくんが過去にひっかかった悪質なトライアルとは

ショックを受けている人

私も、契約には高単価をうたっておきながら(4000文字6000円、1文字1.5円)、トライアルの記事は500円という案件に引っかかったことがあります。

これはまず、最初はトライアル案件だということがわかりにくく記載されていました。

実際応募する段階になって、初回のため報酬額は「500円」と記載してください、と注意書きがあったのです。

※クラウドワークスのシステムは、仕事を受注したらまずはクライアント側がクラウドワークスに報酬を「仮払い」します。

そして、納品して検品を終えたら、ライターに報酬が支払われる仕組です。

 

私は最初本当に知識がなかったので、記事に問題がなければ最終的に契約に書かれていた単価に変わるのだろうと、とんでもない勘違いをしていました。

トライアルの意味もよく理解せず、勝手に解釈してしまったのです。

しかもこの案件は、チェックレベルの短い記事ではなく、本記事の執筆だったので、まさかそれで500円はないだろうと思いこんでしまいました。

しかも内容を調査するのがとても厄介な案件で、あり得ないほど細かい指示があり、報酬が6000円だとしても、割りに合わないから次回は断ろうと思ったほどです。

※途中で何度も質問をしなくてはならず、その都度厳しい指示がありました。

結局執筆にかなり労力が割かれ(指示も細かいので)、15時間くらいかかったかもしれません。

とても辛い思いをしながらなんとか納品し、すぐに帰って来たコメントは「申し訳ありませんが、本契約は見送ります」というもの。

・・・は?

正直意味が分からなかったです。最初は、基準に満たなかったのだろうと思いました。

しかし、先方は途中で何でも執筆した内容を確かめていたため、なんだかおかしいなと感じました。

しかも続くコメントには、「また別の案件のトライアルに、ぜひご参加ください。」とのことです。

しかし結果的に、トライアルとはいえ契約は契約。どんなクオリティだったとしても、報酬は500円(+税)。

15時間かかって500円…。時給にすると約34円……。ほんと泣くかと思いました。

トライアルを利用した悪質なクライアントもいる!

あまりに納得がいかなくてよく調べてみると、トライアルと称して本記事をあり得ない低単価で執筆させるクライアントがいるということでした。

この場合、トライアルにも関わらず文字数は非常に多く、また指示もやたら多いとか。

全て私が体験した内容と同じです。「やられた……」正直、そう思いましたね。

実際、クライアントが確信犯だったのかはわかりませんが、このトライアルの内容は悪質としか言いようがありません。

正規の記事と全く同じ内容でトライアルとするなら、正規の料金の半額くらいは提示してほしいものです。

皆さんはこのような案件に引っかからないよう、十分気を付けてくださいね。

トライアル案件のチェックポイントは以下の通りです。

 

トライアル案件の注意点
  • 本契約と同じ文字数の場合、あまりに低い単価になっていないか⇒本契約の半額くらいが目安
  • 安い報酬の場合は、文字数はどれくらいなのか
  • クライアントの評価はどれくらいか、気になるコメントがないか
  • トライアルの件数(低価格で執筆する記事数)が多すぎないか

 

今思えば、私がひっかかったクライアントの評価はとても低かったです。

大きな問題がなければ、ほとんど評価は4以上にはなるはずですが、そのクライアントは3.5くらいでした。

もっとその点を重視しておけばと、後から悔やみました。

また、そこまで酷いトライアル条件でなくても、「30記事書いた後に本契約」などと、あまりにも記事数が多いのも注意してください。

はっきり言って、30記事も見なければ判断できないようなクライアントはいません。

※というか、そんな力量のクライアントとは仕事しない方がいい。

NO

ただ安く記事を書かせるための口実だと私は思っています。

ちなみにトライアルという仕組自体は、クライアントから見ると必要なことだと思います。

向こうだって、どんなクオリティの記事が上がってくるのかわからないのに、最初から高単価は出せませんよね^^;

それに、クラウドソーシングを利用せずにライティングの仕事に応募すれば、報酬がまったく発生しない「トライアル」も存在します。

しかしそれは、純粋にライターの力量チェックのためで、採用試験のようなものです。

そのため、文字数はさほど多くなく、また不必要な指示をしてくることもありません。

腹が立つのは、力量チェックだと見せかけて安い報酬で本記事を書かせることです。

全てのトライアルが悪いわけではないので、悪質なものにひっかからないよう、注意してくださいね。

またトライアルは、ライター側にとってもクライアントを見極める良いきっかけにもなります。

まずはトライアル(や初めの1記事)を執筆してみて、合う・合わないを判断するようにしましょう。

返信が遅いのが気になる、途中から指示が変わるなど、気になる点があるならその後の契約はやめておいた方が良いです。

別に悪質なクライアントでなくても、なんとなく合わないなという場合もありますからね。

書くのに時間がかかるから辞めよう……はちょっと待った!

初めての記事を執筆して、「3000文字に10時間もかかったからもうダメだ……」というのは、ちょっと思いとどまってください!

初心者なら、最初はみんなそんなもんです。

OK

まずは、5記事書いてみて下さい。そこで達成感があって続けられそうなら、最初の山は越えたと言えます。

私も、最初の5記事は本当に辛かったです。クライアントさんから途中で「大丈夫ですか?」のメッセージなどもいただいてしまいました……^^;

しかし続けているうちに、どんどん書けるようになってくるのは間違いないです。

最初は、苦労の割に報酬が割りに合わないと感じることも多いですが、

「継続は力なり」

です。

月収5万円の壁を超えるためにも、ぜひ諦めずに続けてみてくださいね!