WEBライター

【超初心者向け】これだけ!簡単SEOライティングのコツ

パソコンのキーボード
ちいくん
ちいくん
こんにちは。Webライターのちいくんです。 

ライターを目指している人なら、「SEO」もしくは「SEOライティング」という言葉を聞いたことがあると思います。

私が初心者の頃は、

SEO?なにそれ難しそう……

と尻込みしていました。

しかし、知らないうちに実は初心者の頃から「SEOラインティング」なるものをしていたことに気が付き、「なんだ初心者でもできるじゃん!」と思いました。

そこで今回の記事は、超初心者向けのSEOライティングの解説をしていきます。

本当に基本的なことしか書いていないので、ある程度スキルのあるライターさんには約に立たないかもしれません。

SEOの意味もちょっとあやふや…という方向けに、すっごく簡単に説明していきますね!

これさえ押さえれば、誰でもSEOライティングができますよ。

SEOライティングとはSEOを意識した記事のこと

SEOライティングとは、要するに「SEO」というものを意識して書く記事のことです。

Webライティングの基本的な書き方に加え、このSEOライティングを抑えておくと、ぐっと記事を書きやすくなります。

SEOとは検索上位にくるための対策

じゃあ、SEOって何さ?ってなりますよね。

SEOというのは、要は検索エンジン(GoogleやYahoo)で検索をした時に、上の方に表示されるための施策です。

SEO(エスイーオー)=Search Engine Optimization ⇒検索エンジン最適化

↑別に覚えなくても大丈夫です^^;

あなたが検索エンジンで調べものをした時に、だいたい1ページ目のそれも上から2~3番目までに表示されたものを見ることが多くないですか?

よほど詳しく調べるものでなければ、2ページ目以降も見ることは少ないと思います。

web記事をいくら書いても、見てもらえなければ意味がありませんよね?

そこで記事の書き方を工夫して、検索で上位に表示してもらえるよう工夫する必要があります。

どうやったら上位に表示されるのかというと、

検索エンジンに「このページは、検索者にとって役に立つ記事だ!」と思ってもらえるようにするのです。

それには、検索者が検索窓に打ち込んだ「キーワード」に応えるような記事にする必要があります。

初心者でも簡単にわかるSEOライティングの書き方

笑顔の女性

つまりSEOライティングの基本とは、「キーワード」を盛り込んだ文章にすることです。

たとえばWebライティングのことを知りたくて、「web ライティング」というキーワードで検索をかけたとします。

そのとき表示された記事が以下の2つだとすると、どちらを読んでみたいと思いますか?

  1. 「初心者でもわかる!Webライティングの書き方」
  2. 「これさえ見ればOK!すぐにできる書き方」
②の記事は何の書き方なの??
よくわからないから①の記事を読もう!

と、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか。

多くの人がそう思うということは、検索エンジンも同じように思うのです。

結果、②の記事は上位に表示されません。

キーワードを盛り込んで文章を書く

ようするに、記事を読んでもらい人が検索しそうな言葉(キーワード)を盛り込んだ文章にするということです。

とーーーーっても基本的なことなのですが、意外とこれができていない文章は多くあります。

SEO対策というと、もっといろいろとあるにはありますし、勉強すれば奥深いものにもなります。

でも、超初心者であれば、「SEOライティング=キーワードを盛り込んで書く」と覚えておけばOKです!

キーワードは、超初心者向けの場合は提示されることが多いです。

自分で探さなければならないとき用に、一番簡単な方法をお伝えしておきます。

  1. 何の記事を書くのか確認(たとえば「転職」とか「メイク方法」とか)
  2. 1のワードをGoogleで実際に検索してみる。
  3. 一番下にでてくる「〇〇に関連する検索キーワード」をチェック。

「転職」の場合、こんな検索結果が出てきます。

これらのキーワードを盛り込んだ記事にすればOKです!

もっと詳しく調べたいときは、↓のサイトが便利です。

ラッコキーワード ⇒ https://related-keywords.com/

Ubersuggest ⇒ https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

そのほか、Googleでキーワードを入れて検索してみて

特にタイトルにキーワードを盛り込むことが大切

キーワードは、特にタイトルに入れると効果的です。

Web記事は、パッとみて興味を持ってもらえなければ、すぐにページを閉じられてしまいます。

タイトルや、記事中にある見出しを見て、読んでみたいか判断されることが多いので、タイトルや見出しにはキーワードを入れるようにしましょう。

また、キーワードを〇回以上文章中に入れる、というような指示がある場合もあります。

SEOライティングで困ることと対処法

先ほどもご説明したように、初心者向けの記事の場合、キーワードは指定されていることが多いです。

一見楽なようにも思いますが、指定されている以上、キーワードを絶対に盛り込まなくてなならずに、苦労する場合があります。

私が初心者の頃に苦労したパターンは…

  • 同じ段落内に〇回以上キーワードを入れる
    ⇒同じような言い回しになってしまう。
  • 2語以上のキーワードをうまく文章に入れられない
    ⇒「転職 40代」というワードをうまく文章に入れられなくて困る。

この2つです。

なので、これらの対処法もお伝えしておきますね。

キーワード〇回以上の場合の対処法

同じキーワードを複数回入れなければならないと、こんな文章になりかねません。

転職したいと思うことはないでしょうか?

もし転職したいなら、まずは〇〇から始めてみることが大切です。

転職のためには、××××

ぜひ転職を成功させてくださいね!

読んでいてつまらないですよね…。

同じような言い回しで、転職転職しつこいです。一方こちらの文章はどうでしょうか?

「仕事がつまらない」「もっと良い給料が欲しい」こんな悩みを抱えてませんか?

それなら、転職の可能性を考えてみても良いかもしれません。

◆転職に向いているのはこのような人
・△△
・××

◆まずはここから始めよう!転職ステップ
1.~

情報を活用して、ぜひ転職を成功させてくださいね。

すべて文章にするのではなく、箇条書きの見出しに「転職」を盛り込むのです。

こうするとしつこい感じはなく、SEO効果も高まります。

多少慣れの部分もありますが、参考にしてみてくださいね。

2語以上のキーワードをうまく文章に盛り込めない

2語以上の複数のキーワードをうまく文章に入れられず、困ったことも多いです。

たとえば20代向けに転職の文章に、「転職 40代」というワードを入れるなどといったケースですね。

このような場合に私が使っていた手をご紹介します。

  • 仮定の話にする
  • 自分や知人の体験談などにする
  • SNSなどからの意見として紹介する

事実として文章に書こうとするとかなり難しいものもあります。

そんな時は、上記3つのケースを利用して文章にしていました。

たとえば先ほどの例なら、

「40代で転職しようとして苦労した叔父の話を聞くと、やはり20代のうちに転職を考えた方がよいかもしれません。」

とかになります。もし40代の転職事情について詳しく書こうとしたら、主題からずれるし、調べることも多くて大変です。

でもこの方法なら記事の主題からずれることもなく、キーワードも盛り込んでいます。

わりと使える手なので、ぜひ覚えておいてくださいね!

初心者でもSEOライティングはできる!

パソコン検索する女性

SEOライティングを聞くと、初心者ならつい身構えたくなるかもしれませんが、全く問題ありません!

キーワードを意識して文章を書くのは、最初は少し苦労するかもしれません。

でも慣れると必ずできるようになります。

まずはどんなキーワードがあるのかを確認して、構成を作った時にある程度目安を立てると書きやすいです!

構成は必ず作ってから書き始めよう!

  • どのような文章になるのか
  • 文章のどこに何のキーワードを入れるか

私はこの基本に忠実に書いただけで、ライター初心者の頃の記事が上位3位に表示されたことがあります。

ちいくん
ちいくん
このように、初心者でもSEOライティングはできるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!