お金の悩み

節約よりも大切な【お金を貯める方法】

ちいくん
ちいくん
こんにちは。Webライター及びFP資格保持者のちいくんです。 

本日はみんな大好き(?)お金の話です(笑)。

昨今のコロナ禍で、財政的に困っている人も増えているように思います。

そこで本日は、ちいくんが10年間で貯金を数倍にした方法についてお話していきたいと思います。

とは言っても、ハッキリ言って「なんちゃら節約術」とかではありません。

いきなり魔法のようにお金が増える話でもなければ、投資の話とかでもありません。

ちいくん
ちいくん
そんなことで?と思うかもしれませんが、実際に私がお金を貯めた方法をお話していきます。

 

お金を貯めたいならまずはメモしよう!

「お金がない」「お金を貯めたい」と思うなら、まずはお金に関するメモを残す習慣を付けましょう。

よくお金がないなら「節約!」「収入を上げよう!」とかってなるじゃないですか。

まぁ間違ってはいないのですが、それはテクニックの問題で、その前にするべき大事なことがあります。

ちいくん
ちいくん
それは、お金の流れを知っておくこと。

正直これを知らずに、節約したり収入を増やしてみても、結果的にあまり貯まらなかったり、お金の不安を抱えたままだったりします。

なので、まずはお金に関するメモを付けることから始めましょう。

とはいえ、いきなり家計簿をつけると挫折しがちなのでおすすめしません。

メモ程度でいいんです。なんとなくわかればそれでいいんです。

では、具体的な方法についてお話していきます!

1.いくらお金を使っているのかを知る

まずは収支の把握なのですが、収入はわかりやすいですね。

問題は支出、「いくら使っているか」です。

これは自分がやりやすい方法で構わないのですが、こんな方法があります。

  • 毎日使ったお金をメモする
  • レシートを取っておく
  • カードの明細をチェック

特に現金で支払った場合はいくら使ったかわからなくなるので、レシートをもらっておくか、スマホのメモで記録しておくとかしておくと良いでしょう。

正確な金額がわからなければ、だいたいでも構いませんよ!

そのほか、カード決済や銀行の引落とかはデータに残ると思うので、そちらをチェックです。

余力がある人は、「マネーフォワード」などのアプリを利用してみましょう!

アプリで全ての銀行口座などを一元管理できるので、とても楽です。

 

できれば何にどれだけ使っているかわかるといいですね。

とりあえず、1ヶ月メモしてみてください。

2.ノートに現状を書き留めておく

次に、1の結果をノートにメモしておきましょう。

この時、

  • 現在の貯金額
  • 1ヶ月で使ったお金と収入
  • 月々の黒字(もしくは赤字額)

をメモしてくださいね。

パソコンでも良いのですが、立ち上げるが面倒になって記載するのを忘れたりするので、できればノートを準備して書くのがおすすめです。

3.ここ2~3ヶ月の支出を考えて、予想(目標)貯金額を考えてみる

現在の貯金額などを把握したら、少し先にかかる予定のお金を考えてみましょう。

たとえば車の保険や旅行のお金など、月々かかるお金ではないけど、2~3ヶ月のうちに出る予定の支出です。

そしてそれを踏まえて、3か月後に貯金額がどうなっているのか予想してみましょう。

 

<例>

①現在貯金 ⇒ 100万円

②月々の収支 ⇒ 収入30万円、支出25万円 ⇒ 月+5万円の黒字

③2~3ヶ月以内の支出予定 ⇒ 車の保険3万、子供の洋服代1万 など計4万円

④3ヶ月の貯金予想 ⇒ ①(100万円)+ ②×3ヶ月(15万円)-③(4万円)=111万円

 

この時点で貯金がマイナスになっている人は、ただちに家計の修正をしましょう。

すなわち、「支出を減らす」or「収入を増やす」です。

詳しくはこちらをどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓
お金がないなら、解決方法は2つしかない

 

4.3ヶ月後に貯金がどうなっているのか確認する

そして実際3か月後に、貯金額がどうなっているのかを確認しましょう。

多少のずれがあっても構いませんし、予想よりもプラスの金額であれば問題ありません。

でも、ここで大幅に貯金額が少ない場合は、何にお金を使ったのか考えてみてください。

予測できなかった突発的な支出なら仕方ありませんが、何に使ったのかわからない場合は、もう一度月の支出の記録から始めましょう。

5.数年間の目標貯金額を設定してみる&家計のテコ入れ

さて、ここまでくるとだいたいどれくらい貯金ができるのか、もしくは家計が赤字になっているのかがわかるハズです。

それを年単位で考えて、年間目標貯金額を設定してみましょう。

先ほどの例の場合、

①3ヶ月で約10万円の貯金 ⇒ 1年間だと40万円くらい貯金できる

②5年後の貯金 ⇒ [現在の貯金100万円]+[①(40万円)×5=200万円]=300万円

こうすると、5年後は300万円の貯金を目指せることがわかります。

そうしてここで、この貯金額は十分かどうか考えてみるのです。

実際には5年間のうちに車の買い替えなど大きな支出があるかもしれませんし、もっと先のことを考えると、とうてい貯金額が足りない場合もあるでしょう。

少し貯金額を増やしたい程度なら、支出を抑えれば可能かもしれませんが、大幅に増やすには収入を増やす必要がありますよね。

このように家計のお金を大雑把に把握できれば、どのように改善すべきかもわかります。

そうして節約なり収入を増やすなりして、家計を改善していくのです。

6.1~5を繰り返す

あとは、定期的に見直すのみです。

予定は未定。事情は当然変わっていきます。

我が家の場合だと、予定していなかった(できると思っていなくてほぼ諦めていた)第二子の誕生など、家計の状況が大きく変わる出来事がありました。

でも、この時も同じように家計を見直し、立て直していきました。

10年間実施した結果、貯金が順調に増えていった

家計簿イメージ

私はこの「お金の流れをメモ」することを、結婚当初から10年程ずっと続けていました。

すると、恥ずかしながら結婚当初「夫婦合わせて50万円」だった貯金額は、10年後の今、結構立派な金額になりました。

収入が突然全くなくなっても、1年間は問題なく生活できる程度の額です。

しかもこの貯金は、夫婦の趣味である旅行を年に2~3回しながら貯めました。

夫婦で共働きだったおかげもありますが、常にお金の流れをコントロールしていたからだと思います。

お金は意識しなければすぐに無くなってしまいます。

かといって、お金を貯めることだけを意識しすぎて、何の楽しみがない生活も私はゴメンです。

お金の流れをコントロールして、しっかり楽しく生活していきたいですね!

メモの力は偉大

お金だけでなく、実は何事も目標をメモすることは大切だと言われています。

明確に意識するだけで、達成率は大幅に変わるそうです。

ぼんやり「お金を貯めよう!」と思うよりも、「1年間で50万円貯める!」と目標を立てる方が、確実に貯められる気がしませんか?

そしてそれを常に目にしておけば、自然とモチベーションにもつながります。

ちいくん
ちいくん
まずはメモするだけ。たったこれだけです。 

これを実行する人としない人は、数年後の貯金額は確実に変わることでしょう。ぜひ今日から試してみてくださいね!